シンボルマーク 杏林中医薬情報研究所



<写真:射干 >

効能:清熱解毒、化痰平喘 

主治:咽喉腫痛、喘息

研究所案内 刊行物紹介
健康器具 健康食品
薬草 簡単な外治法
お問い合わせ

更新日:2010年10月15日
トピックス
2000年4月17日ホームページ公開。 これからも随時内容を拡充してまいります。

袁世華近影

所長:袁世華プロフィール

昭和16年中国の吉林省生まれ、長春中医学院医学部卒業後、同大学の助手、講師、助教授、教授を歴任。

1988年3月来日、東邦大学医学部心療内科、産婦人科、北里大学医療衛生学部の客員研究員,情報科学研究所東洋医学研究室の主任研究員を経て、現在、杏林中医薬情報研究所所長を務め、日本全国各地で漢方医学の講義、新聞や健康雑誌の原稿の執筆を行う。

著作は『金匱要略訓解』、『西洋薬の副作用の中医治療』、『心身医学概論』、『婦人の宝・当帰』『ペイチー茶驚異のパワー』、『健康増進とリスク研究』、『痛みを根元から断つ』 、『漢方薬よく分かる本』『漢方から見たノニ』など多数。



杏林中医薬情報研究所は、中医薬学(中国伝統医薬学)に関連する最新で正しい情報・知識を中国から取り入れ、それをまとめて翻訳したり、分類したり、解釈したりした上で日本の皆さんに提供するところです。このようなことは今まで主に講演や出版物を通じて行ってきましたが、洪水のような瞬間万変の情報をより多くの方々に、より迅速に伝えるため、最新の通信手段であるインターネットのHPを介してお伝えいたします。